プロローグ

人生にお金は必要です。人生がempty pages(空っぽのページに)ならない為にも、
人生を楽しむにも充実した人生を送る為には、はっきり言って多額のお金が必要だからです。
今生きている人が働かないと
ニートだとか自由人だとか言われていますが
実際の所は仕事がないとよほどのことがない限り
生きていけない時代でしょう。

勿論、世間の目をまったく気にしないでお金に頼らずに生きるという
選択肢もないことはないです。
例えば田舎に暮らし、畑や米を自給自足するなど本格的にやれば
どこかのテレビ番組ではありませんが、それはそれで充実した
人生が遅れると思います。

前書が長くなりましたが、このサイトでは「お金」がないと生きていけない
この世の中でいかにうまく生き抜くか、お金に困ってすぐに借金してしまう
人たちに向けて借金や多重債務にならない為に情報を発信していきます。

借金を作る人の傾向とは?

今までの経験則でいうと借金を作る人はいくつかの
パターンに分けられると思います。

・熱中する好きなことが競馬やパチンコであった
・仕事をすることが嫌い
・借金を借金だと思っていない
・不運ながら知らずに連帯保証人になってしまった
・親の借金を放棄すべきところを相続してしまった
・事業を営んでいたがつぶしてしまった

これらは、人生の中で、最終的にはすべて自分自身の責任と
いえば簡単なことであり、そうといえばそうなのですが、
事故と自業自得の分類わけが出来ると思います。
いうまでもなく自業自得は、自身の生活の見直しや反省が必要です。大抵の場合返済能力以上の借入をしているか、収入に見合った生活をしていないなどの場合が多いです。自分が本当に使ってもいい額を間違っているんです。キャッシング業者で借り過ぎてしまうと、通常の状態に戻すのが難しくなってきます。それは当たり前で、借り過ぎるということは、その分返済額も多くなっていきます。そうなると収入が増えない限り、返済が厳しくなるのは当然なのです。バランスを考える必要があります。
お金が足りなくなるのは、それだけ使っているからです。もしかすると、収入のわりに家賃が高い、
お金がないのに子供を塾に通わせている!お金がないのに外食費としてお金を使っている、毎月洋服代を使っているなど、必ず見合った使い方をしていない部分があるんだと思います。
そして、事故も仕方がないのではなく、「知る」ことでその事故を
未然に防ぐことができると思うのです。
詳しくは以下ページにて書いていますのでどうぞご参考ください。
>> 事故的な借金を未然に防ぐ

>> 自業自得の莫大な借金をしない為に

貧困層の境界線に気づき平均以上の生活を手に入れよう

貧困層とは日本で言うと年収200万以下の収入や資産を持っていない層が感覚地としてはしっくりきますが待つだけの人や国の最終手段に甘える人が多い気がします。日本はアジア系の人種ですから、実は生活保護をもらっているあの人がわざわざ日本に保護を受けて暮らす為にやってきたなんて話もありますね。

大学も卒業し一定の教育を受けていれば仕事を選ばなければ「学歴」ではじかれる事はないわけですから車のガソリンが無くなる前に新しいガスをいれるべきです。(回りくどい例え)日本にわざわざくる方々の例えばなしをしましたが、日本はそれだけまだ裕福であるといえますし、世界的な平均年収は簡単に稼ぐ事の出来る国です。

安全だから堕落して借金道を突き進み積み重ね無くなった親の資産の。家売却をしてしまう等悲しい事例も存在します。お金とは手に入れた人間にとっては便利ですが、貧乏人にとって本当に残酷なものにもなります。

お金はお金が好きという言葉ありますが、実際その通りで勉強も人との付き合いも、世間体を手に入れるのにも何かと必要なものですのですが、一度貧困になると身動きがとりずらい状態に陥ります。冒頭でも言っている通りエンプティ(空っぽ)な状態です。投資は額が少なければリターンは少ないですが、お金に限らず行動も同様です。その行動を起こす為にはお金が密接に関係してくるのが現代社会。綺麗ごとを言うのは簡単です。是非境界線にいる方は未来の成功をイメージし突き進んでほしい。